自分の骨盤を知り、整える

こんにちは、Misatoです!

あっという間の4月が終わり、もう5月になりましたね。重たいコートを脱いで、日中は薄着で過ごせるこの季節は身体も心も軽くなります。
お天気が良ければ最高です!お庭でコーヒーを飲んだり、子供達と遊んだり、幸せのエネルギーチャージをしています。

さて今月のテーマは「骨盤の歪み」です。このテーマに関心のある女性は多いかと思います。女性のボディラインの要となる骨盤は、美しさへの影響はもちろん、健康維持のための鍵でもあると言われています。それゆえに、巷では骨盤エクササイズが流行しています。

しかし、雑誌や本で得た知識を基に、自分で骨盤を正しいアライメントに整えるのは、なかなか難易度の高いことです。正しいアラインメントとは、背骨と骨盤が本来もつ正しい丸みをもって並んでいる状態のことです。

なにより、一人で骨盤エクササイズするのは楽しくありませんね。

そこで5月のMS Beautyでは、歪みのセルフチェックの仕方から骨盤強化の仕方まで、フルコースで行なっていきます。フルコースといっても、難しく辛いことをするわけではありませんのでご安心下さい。いつものレッスンの流れを基にして、骨盤に特化した内容を色濃くお伝えしていくというプログラムを考えております。

そもそも、骨盤の歪みを直すのはなぜか。

人により様々な回答があるとは思いますが、MS Beauty の答えは、骨盤が美姿勢の基礎であるから、また美姿勢の副次的メリットとして下腹が出るという悩みを解決できる、という効果が得られるからです。

一番多いお悩みに、「年齢とともに下腹が気になってくるのはなぜ?昔はこんな悩みがなかったのに」ということがあります。

ご安心下さい。MS Beauty を通じて骨盤を正しく使えば、スッキリと引き締まったお腹は今からでも取り戻せます。

骨盤は、上半身と下半身をつなぐ大事なポイントです。骨盤の正しいアライメントがあってこそ、美しい背筋が成り立ちます。また、骨盤を整えるメリットのもう一つに、骨盤を整えると下腹が引き締められるという効果があるのです。

年齢とともに腹筋など骨盤を支える筋肉は衰えてきてしまいます。その結果、骨盤が後傾(これを「寝た」状態といいます)になります。すると、お腹に余分なお肉が溜め込まれ、ラインが崩れてしまいます。

一方、骨盤が前傾しても美しい姿勢にはなりません。骨盤が前傾してしまい、お腹を突き出して立ってしまうことで腹筋が緩んでしまいます。例えば幼児は骨盤前傾の典型例です。幼児は骨盤辺りの筋肉が未発達なので、出っ尻でお腹を突き出す姿勢になっています。

逆にいえば、骨盤を前傾でもなく後傾でもなく、正しいアラインメントにできれば、骨盤周りの筋肉がバランスよく引き締められ、お腹のラインがすっきりと美しくなるのです。これが骨盤を整えることでお腹のラインが綺麗になる理由です。

筋トレでシックスパック(腹筋が「割れた」状態)を目指さなくても、下腹のラインをキレイみせることが可能です。

骨盤を正しいアラインメントにするべく、5月の1ヶ月間は、骨盤をテーマにレッスンをします。下腹引き締めを実現し、美しい姿勢を作るため、骨盤を正しく使うコツをお伝えいたします。

ただ、正直に申し上げますと、1ヶ月では骨盤の正しいアラインメントを作り上げるのは難しいです...でも、1回ずつのレッスンを効果的に受けて頂くことで、かなり早く骨盤の歪みを矯正して頂けます。

そこで今回のClub Ravissanteの最後に、レッスンを効果的に受けるための、予備知識、たとえば骨盤まわりの筋肉の部位や、それら筋肉と骨盤との関係性について、ご紹介して参りたいと思います。

全部覚えてきて頂く必要はございません。ただ、ざっと読んで頂き、「こういうところが大事なんだな」と心の準備をしてきて頂きたいです。そうすることで、骨盤まわりの筋肉の部位ひとつひとつを意識しながら、エクササイズを丁寧に行なっていけます。その結果、骨盤、それに関わる全ての部位に自らの意思でアプローチしていけるようになります。つまり、歪みが自分の力でいつでも直せるようになるのです。

自分の身体を知るというのは、美のエネルギーととても深く関わっています。自分の身体知り、自分の力で整えた事で得られる何にも変えがたい充実感は、インサイドビューティー『美のエネルギー』となると信じています。また、自身をよく知ることとは、フロアバレエの師である、アランアスティエの掲げる理念でもあります。

ぜひレッスンにご参加いただき、今年の夏のファッションに自信を持っていただける身体作りをしていただきたいと思います!

私も貴女と共に学び続けて参ります。
5月もお待ちしております。

Misato

筋肉の解説はこちらから。

MS Beauty SNS:Facebook PC/Mobile

© All rights reserved. demidemi by Misato Harukaze.